「ほっ」と。キャンペーン
揚雲雀なのりいで蝸牛枝に這う
sognosonyo.exblog.jp
ブログトップ
<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
 
夏越の祓い
2016年 06月 30日
d0169859_0102483.jpg

毎年なぜか一輪だけ咲く睡蓮が 今朝開いた。
このまま数日間 晴れて明るい日にだけ開いて 
夕方には閉じて
そのうちそっと終わる。

毎年 これが咲いてるのに気づくと
そのピンとした姿に驚いてしまう。
だって その下の葉や茎は 
溶けて枯れているかのようだし
水もそれほどきれいじゃない。
ヌルヌルで濁ったような水から
浄化されたように姿を現すので
はっと驚いてしまう。


水の上に涼しげに咲く睡蓮を見ると
いよいよ本格的な夏が来るなぁと
覚悟を決めなくてはならない。



今日は6月30日。半期の大晦日。

夏越の祓(なごしのはらえ)といって 半年分の穢れを落とす日。

京都ではこの日に「水無月」という和菓子を食べて
半年分のケガレを祓い 残りの半年の厄除けをするそうですね。




昨年の6月30日。
この和菓子をそっと届けてくれた方がいました。
前にも書いたように 昨年の六月は我が家は最悪状態で
悶々としていた折のことでした。
直接受け取ることは出来なかったのですが
和服の似合う涼やかな笑顔と
清々しいエネルギーに溢れた生き方を思い出して
澱んだような空気の我が家に
まるで睡蓮の花がすっと
咲いてくれたようだわと思いました。


水無月という名の和菓子は知っていましたが
これで半年の邪気を祓うなんて
我が家にはそんな習慣はありませんでした。


滅多にお会いできない方なのに
私の事を忘れないで心配してくださったことが嬉しくて
夏越の祓の行事を初めて知って

何となく自分の心持が変わったような気がしました。
この後の半年が逆転する事を願って
美味しくいただきました。






そして今年。

今年は自分で水無月を買って来ましたよ。


d0169859_083181.jpgd0169859_082584.jpg

今日は夫が早めの帰宅の日だったので
お茶の準備をして待ち
二人でゆっくり 水無月の祓えをいたしました。

小豆は邪気を祓い 三角形は冷たい氷の象徴だそうです。

「よし あと半年頑張るか」 夫もその気になっております。


いつもなんとなく過ごしてしまった半年の折り返しでしたが
ひとつの節目を覚えました。
来年はこの日に向かって大掃除でもしようかしら。
12月に一年分やって間に合わなくなるのより
半年ごとにやったほうが理にかなっている。
(いや日頃から毎日きちんとやったほうが・・)


さあ あとの半年 大事にしましょうね~。







にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2016-06-30 23:58 | Comments(4)  
『俺のフレンチ』でゆっくり座ってランチを
2016年 06月 29日


d0169859_10241453.jpg

キラリトギンザの地下にある 『俺のフレンチ TOKYO』
ネット予約で ゆっくり座ってランチができます♪

有名な立ち席でチェーン展開していますが
こちらのお店は全席着席。早めに行けば落ち着いた席に座れます。
平日の昼間は比較的空いていて時間制限もなし。
JAZZの生演奏もこの時間帯にはないので静かです。
今回はアネキと二人で 4人掛けのテーブル席だったの
まったりできました。

とはいえ オープンなキッチンには沢山のスタッフの
テキパキと活気のある声が響いています。
テキパキと・・お料理が運ばれてくる時間も速いです。



d0169859_10241058.jpg

<俺のシャンパーニュ>
せっかくなのでスパークリングワインではなくシャンパンで乾杯。
名物なみなみシャンパン♪ これで ¥1,280
小さなお通しは ¥300 これ美味しかったのですが
この後のお料理がドドド~ンときたので
すっかり忘れていました。

さ どんどん食べていきますよ~!

このお店は本当にコスパが良いと思うので
備忘録として すべてお値段も書いておきます。
高級レストランしか行かないマダムさま達 驚かないで下さいね~。




d0169859_1024768.jpg

<ウニのムースを包んだ、ちょっとリッチなサーモンマリネ> ¥580
トッピングのウニもちょこっと添えられたイクラも新鮮。
黒い網状に焼かれているのはイカ墨です。
これはチュイルとかダンテールとか呼ばれるものでしょうか。
こんな凝ったことをこのお値段でするなんて
修行中の若手のシェフの作品かななんて思ってしまいます。





d0169859_102434.jpg

<オマール海老丸ごと一尾ソテー バニラのソース>  ¥1980
ふっくら食べ応えの海老をほおばるのって夢。
ソースはとてもまろやかでバニラビーンズの粒々が見えます。





d0169859_10235858.jpg

<ランチ限定の白身魚のパイ包み焼き>  ¥980
ボリュームたっぷりとメニューに書いてありましたが
たいしたことありませーん。
60代の老姉妹がぺろりと食べちゃいました。
白身のお魚とお野菜がぎっしり詰まってアツアツです。





d0169859_10235568.jpg

<牛フィレとフォワグラの ”ロッシーニ” > ¥1980
ワインは<俺達のカベルネ>  ¥680
このワインもけっこうななみなみで。 
気軽なワインではありますが 普通のお店の2杯分くらいありそうね。

ちなみにお肉の焼き加減は聞かれませんでした。
な~んと私は情けなくもミディアムすら苦手なので
お肉のほとんどは姉上がお召し上がりに。。。。。
フォアグラのソテーも冷めてしまうと苦手なので
パクパクいきます。




d0169859_10235110.jpg

<サマートリュフとパルミジャーノのリゾット>   980円
トリュフは口の中でほわ~っと溶けていきました
 ─── とても薄切りなので~笑
沢山食べたので最後のリゾットは無理かなと思いましたが
これはこれでとても美味しい一品でした。




すべてアネキと半分こ。
シェアするためのお皿をお料理ごとに運んでくれます。

合計 ¥11,901 
お一人様約¥6,000 のランチでした。






にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2016-06-29 14:32 | お外で美味しいもの | Comments(2)  
穏やかに強く・・
2016年 06月 28日
これぞ日本の地方のザ・旧家というお宅へ行ってまいりました。
夫の大親友のご実家で その親友は昨年急逝してしまいました。
夫は入院中だったので お通夜にも告別式にも参列できず
一年経ってようやくご挨拶に伺うことができました。

一周忌が済んだころに そっとお墓参りをさせていただくつもりで
お墓の場所を聞いたら なんと自宅の庭に墓地があるとか。

敷地には小さな森のように木々が育ち
家紋入りの塀にぐるりと囲まれた
古めかしい広い平屋建てのご住居のリビングに座って
こちらを見ている高齢の女性が親友のお母様でした。
広い庭を見渡せる椅子に座って 
私達の到着をずっと待っていらしたのでしょう。

娘達は遠くへ嫁ぎ 夫にも息子にも先立たれて 
90歳を過ぎて このだだっ広い家に一人暮らしなのです。
脚が4本に分かれている杖をついていますが
お話も行動も危なげなところがまったくありません。

動作が遅いので・・と 趣味の良いガラスの茶器と
冷えたお茶のペットボトルがすでにテーブルの上に用意されています。
結露を受けるために敷かれたペーパータオルの折り目正しさ。
ペットボトルのお茶であっても物語るものがありました。

余計なものは置いてない整然とした部屋。
動作が制限されてくると 何でも
手元や身の回りに置いてしまうようになるものでしょう?

一人暮らしのたとえ老婆であっても 清潔に几帳面に
よく考えて合理的に生活されているのがわかります。

食事の支度も広い家の掃除も ご自分でなさっているとか。
お庭には草など一本もなく・・杖をついているのに~。

何でも時間をかけてゆっくりと毎日少しずつやればいいのですよって。

・・・そうやってこの方は 
時間を重ねて いつものようにいつもの事をこなしながら
悲しみをやり過ごしてきたのかもしれない。



ダァ~~っと拡がる20畳くらいはありそうな和室が二間続いていて
お客のいない日の旅館の宴会場のようです。
はるか遠くに見える床の間に品の良い掛け軸があるだけで
他には何も置いてありません。
─── これほど障害物がないなら そうそうあれあれ
ロボット掃除機を放し飼いにすれば楽チンよね。 なんて
そういう発想はこのような方にはないのでしょうね。





夫の親友は この旧家の在り方に反抗した時期があって
家をとび出して自由気ままに過ごしていたことがありました。
そんなときに夫と知り合って 大親友となったのですが
いわば 親御さんからみたら 息子の負の部分での友人です。
それでも このお母様は懐かしそうに微笑みながら
夫と自分の息子のエピソードに耳を傾けておられました。
お父様の亡き後に 心から頼りにしていた
大事な大事な跡取り息子でしたのね。


お墓にお線香をあげて手を合わせ
お部屋の仏壇にもお線香を・・と思ったら ろうそくがありません。

お仏壇に火はともさないのです。
絶対に火事をおこす訳にはいかないから。
最愛の息子のお仏壇であっても。
そういえば お墓のほうにも 私達の前に
お線香を焚いた跡がありませんでした。

お母様ご自身を見ていると 杖はそれほど必要ないようでした。
それでも片時も離さないでいるのは 
絶対に絶対に転ぶわけにはいかないから。


私達が帰ったあと あのお母様はゆっくりゆっくり杖をつきながら
あの広い庭 家の中を 各所を確認してまわるのでしょう。
もう少し親しければ 一緒にお線香をあげて しばらくそばにいて
はい大丈夫。ちゃんと火は消えてますよ
茶器もきれいに洗ってここに収納しておきますよ
と 安心させてあげられたけど。



一人暮らしの老人の覚悟。

見せていただきました。その凛とした生き様を。
たった一人でも 老体であっても
旧家を守り抜くその誇り高い生き方です。
大きな悲しみを柔和な笑顔の下に隠して
崩れることなく淡々と穏やかに秩序を持つ生き方。

この先
いよいよ一人暮らしが困難になる時が来たら
たぶん娘さんが来て それなりの対処をなさるのでしょう。
でもこの お母様の精神は確実に受け継がれて
どんな形となっても残っていくでしょう。

大きなものを背負って生きていく方の
たとえそれが旧家であれ何であれ 守る覚悟を持った方の
心から見習いたいと思った強い強い姿でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

  
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2016-06-28 16:58 | 生活 | Comments(8)  
夏至の日のティータイム
2016年 06月 21日
朝から雨なので 家事をサボって(晴れていてもサボってますが)
のんびり一人でオヤツを食べる算段をしていたら 電話がなって
お客様がいらっしゃることに~。ひえ~。
あわてて冷茶を作って 見えるトコと歩くトコだけ掃除して
お友達にあげようと思って渡しそこなった和菓子を見つけて・・

d0169859_1394431.jpg
まぁ~
今日にぴったりのお菓子じゃないの!
っていうか 
明日になったらもうマヌケっぽいわ。。。




玄関に現れたお客様を
にっこり微笑んでお迎えする私でございます。


お客様が他の余計なモノを見てしまわないように
一番目につくところに置いたのは
d0169859_13221374.jpg
納戸の奥にあった怪しいツボに
ホームセンターで980円で買ったモンステラを
ポットのまま入れたもの。
d0169859_1310364.jpg

100均のグリーンも涼やかにね♪


d0169859_13101847.jpg

ぬけがけのような来客にアセアセしてしまいましたが
座ってしまえばお話のはずむティータイムです。
ひとりで食べるオヤツよりずっと楽しい。
ただこの水菓子に添えたスプーンは失敗でした。
見た目も合わなかったけど 食べにくいことこの上なし。
普通のステンレススプーンに代えました。

そのほかにも ん?トイレの掃除はしてあったかな?とか
玄関の外はきれいにしてあったかなとか 
見てはならない納戸の入り口は閉めてあったかなとか

日ごろのズボらさが思いやられるものです。


でもお客様は
お茶もお菓子も美味しくてカフェのようですよと言ってくれました~。

またいつでもいらしてくださいねと おっとり微笑むそにょですが

そにょカフェは お茶だったら3日前 お食事だったら1週間前 
宿泊なんていったら1ヶ月前の予約となっております~!




にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

  
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2016-06-21 13:54 | 生活 | Comments(4)  
1年目と2年目。その2。
2016年 06月 17日
じとじとと降り続く雨に濡れそぼってうなだれていた草木たちが
今度は強烈な陽射しを受けてシャキっとしています。
どんどん空気や地面が乾いていくのがわかって
雨上がりの夏の朝はすっきりして やる気になりますね。
もう少ししたら 庭の草木と同じに
暑さにやられて またもや しなしなと疲れてしまうのですが。



emoticon-0155-flower.gif emoticon-0155-flower.gif emoticon-0155-flower.gif







昔から好きだった村野四郎の詩 『鹿』 です。


   鹿は 森のはずれの
   夕日の中に じっと立っていた
   彼は知っていた
   小さい額が狙われているのを
   けれども 彼に
   どうすることが出来ただろう
   彼は すんなり立って
   村の方を見ていた
   生きる時間が黄金のように光る
   彼の棲家である
   大きい森の夜を背景にして  






切なくて美しい。
彼を育んできた森を背景にして最後の「時」を迎えようとしている鹿の姿です。
教科書でこの詩に出会った学生の私は鹿が可哀想でなりませんでした。
早く!身を翻して懐かしい森へ逃げるのよ!と思ったけど
彼はすんなり立っておりました。















二年続けての発病と手術についてもう少し書いておこうと思います。
二つの病は私の人生観を大きく変えるほどのものだったのに
極楽トンボの私はどんどん忘れてしまって
夢のように遠くなっていくので またへらへらだけにならないように。

それまでの私はいい加減に生きてきたので 
そのまま適当に人生も終わるのだろうなという構えでした。
両親を見送るときに間近に 死へのプロセスを見ていたので
怖くはないと思ってました。
穏やかに幕を閉じるのはたやすい事だと思ってました。

でも誰でも銃口を突きつけられたら怖いのですよ。
えっ!今? ってうろたえるのですよ。

昨年の2月に突きつけられた病名は
とても深刻でその上面倒なタイプのものでした。
6月の手術までの長い長い間に
何度も検査やカウンセリングをうけて
少しずつ少しずつ病気を受け入れていくと
自覚症状もなかったのに 病人らしくなっていくのが不思議です。

手術が成功してもそのあとの生活は
元には戻らないだろうと思いました。
この山の中の遠い大病院からは転院して
近くのクリニックで生涯治療をするとしても
そのクリニックへ通院するのも長くはないと思ってました。



私は自分の額に銃口を突きつけられたのがわかりました。
大勢の人間がうじゃうじゃいる中でとうとう選ばれてしまいました。
のらりくらりと生きてきてそれがずっと続くという錯覚が壊れて
不思議でも何でもない死というものがすぐ隣にありました。



教科書の「鹿」の詩の解釈をいろいろ学んだけれど
この詩の中で一番重要なのは
「美しさ」でもなく「潔さ」でもなく「悲しさ」でもなく
「彼にどうすることが出来ただろう」 というセンテンスです。



鹿に棲家である大きな森があるように
私にも大切なものがたくさんあります。
そのすべてに別れを告げるのはあまりに急すぎて
あまりに辛すぎて 混乱ばかりが襲ってきて
立ち尽くすことしかできないのです。



昨年の6月というのは 人生最大の危機 最悪でした。

手術を終え退院して1週間後に 今度はまさかの夫が入院。
夫の症状はそれほどひどくはありませんでしたが
仕事へ復帰するのに数ヶ月要しました。

私は入院中の夫の付き添いをしながら
自分の今後の治療方針が決定するまで自宅待機。
そのうち夫も退院して自宅療養となりましたが
なぜか私の術後治療というのがなかなかスタートしませんでした。

何度もあの遠い病院へ足を運んで担当医の診察を受け
術後のケアも終了というのに 治療が始まりません。

6月も終わって7月も過ぎて8月に入ったころ。
ようやく担当医をはじめとする病院側の意見がまとまりました。

検査に検査を重ねて
私の病気は深刻な病名であることに間違いはないけれど
非常に稀なケースで 状態としては良好であるということ。
結果 今後の治療は必要なし!
ただし経過観察だけは続けること。なにしろ前例のないことなので。


俄かには信じられないことでした。本当に?
まさか誤診だったのではないでしょうね?
嬉しくて舞い上がりそうになるのをこらえて
別の大きな病院でセカンドオピニオンも受けました。
やはり同じ見解。というか
これ以上の検査はできないというくらい綿密な検査が行われていますよと。
私のようなケースは日本でも滅多にないということでした。
その確立たるや一億二千万分の一。

ああ神様。ありがとうございます。
この確立を考えると もう私は宝くじ当たりませんね?
宝くじなんてこの際どうでもいいこと。
もう少しこの生活を生きていいのですね?



本当に本当に信じられないくらいラッキーなことでした。
神様にいただいたこの余生 今度こそ今度こそ
ちゃんと生きていかなきゃ。
私を救ってくれたなにものかに 真摯に真摯に感謝しました。






emoticon-0155-flower.gif emoticon-0155-flower.gif emoticon-0155-flower.gif




また今年も6月がやってきて去っていきます。
ほとんど元に戻って暮らしている私です。
ともすれば あの頃のギリギリの思いは遠ざかって
元の木阿弥状態の私です。

でもこれでいいのよね~とも思ってます。
この極楽トンボ・のほほん加減の大切さもわかったから。


ただせっかく減った体重が~~。ただいまリバウンド絶好調~。
娘には「デブの木阿弥」とか言われてます。
宝くじを見れば買いたくなるし。買うし。


一年目。と二年目の私。こんな感じです。



来年の6月にはもっともっと元気になっていますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

  
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     

emoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gifemoticon-0155-flower.gif

[PR]
by sogno_sonyo | 2016-06-17 12:10 | 生活 | Comments(8)  
1年目と2年目。
2016年 06月 16日
6月も半分終わりました。

私にとって6月というのは特別な節目の月になりました。
生まれて初めて深刻な状況になって手術をしたのが一昨年の6月。
術後の定期検査で 新たな病気が発見されてまたもや手術をしたのが昨年の6月。
2回の大きな手術を経て 今年も迎えた6月です。
一年。そして二年目。
どちらの病もこれから先ずっと見守らなければならないものです。



6月に入って 定期検査のために数回病院通いがありました。
そのたびに夫が有給休暇をとって例の山の中の遠い病院までドライブです。
CT・超音波検査やレントゲン それに伴う血液検査。
結果が出るまでは不安な時間が流れます。





d0169859_14122077.jpg

すっかりお馴染みになった病院の吹き抜けにある巨大なヒポクラテスとナイチンゲールの絵。
いままで何度も見上げてきました。何度も。
だって他に見るものがないし。

不安におしつぶされそうな時もあったし
砂をかむような思いの時も
ほっと安堵の気持ちで見ていたことも。

他に見るものといったら
私と同じ不安そうな病気の患者さんくらいしかないもの。

皆がそれぞれの思いで見るしかない医療と看護の祖。




d0169859_1413813.jpg


併設のカフェで時間を潰しながら結果を待ちます。
ただでさえ長く感じるのに 本当に長い時間待たなくてはなりません。

すべての検査結果が出て・・大丈夫OKでした!ホッ。

次は3ヵ月後と もう一つのほうが半年後。両方とも簡単な検査です。
来年の6月にはまた詳しい検査があります。
こうして時間を重ねていったら
いつかはこの病院と縁が切れるのでしょうか。


来年の6月にはもっともっと元気になっていますように。



にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村

  
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2016-06-16 15:20 | 生活 | Comments(4)  

すべて世は事も無し。
by そにょ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
おまじない程度のおまじない
at 2017-02-03 22:59
手づかみ食
at 2017-02-01 14:15
和のテーブル
at 2017-01-20 16:14
瑞雲
at 2017-01-16 23:25
遅まきながら年頭のご挨拶。
at 2017-01-14 17:08
ポチっとよろしくお願いします
最新のコメント
> chaco-oさま ..
by sogno_sonyo at 14:03
離乳食、懐かしいですー(..
by chaco-o at 23:00
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 23:39
ずっと更新されていらっし..
by kanafr at 08:45
> 泉谷 またもや年があ..
by sogno_sonyo at 22:22
> いつも微笑んでさま ..
by sogno_sonyo at 22:15
はい。あけましておめでと..
by 泉谷 またもや年があけ・・ at 19:17
1月も20日を過ぎ(ボソ..
by いつも微笑んで at 17:48
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 15:35
そにょさん ご無沙汰いた..
by kanafr at 09:04
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 05:45
無事に定期検診が終わられ..
by kanafr at 10:22
> いつも微笑んでさま ..
by sogno_sonyo at 21:43
検査結果をきくだけの通院..
by いつも微笑んで at 10:15
> akicosmosA..
by sogno_sonyo at 00:52
びっくりです。最初はハラ..
by akicosmosA at 19:07
鍵コメさま ありがとう..
by sogno_sonyo at 10:00
> 鍵コメさま コメン..
by sogno_sonyo at 22:20
> 泉谷 関所さま あ..
by sogno_sonyo at 21:22
昨日何度コメントをいれて..
by 泉谷 関所 at 19:48
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル