「ほっ」と。キャンペーン
揚雲雀なのりいで蝸牛枝に這う
sognosonyo.exblog.jp
ブログトップ
<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
 
ハロウィーンリボン
2012年 10月 31日



いつもトリミングをお願いするとき 仕上げのリボンはお断りします・・
毛が固まってしまうし はずすときが大変だし かゆがるし。

それになんといっても シンちゃんにリボンは似合わない。

今日は初めてお願いしたお店で うっかり言い忘れてしまったら・・・
あら ハロウィーンのリボン♪♪♪
d0169859_224464.jpg


カワイイ~。 今回は似合ってる?

d0169859_2241646.jpg

ワンワンキャンキャン ほかの子が騒ぎまくりのシャンプー室で
ぐっすり眠るシンちゃん。ほんとマイペースなんだから。





d0169859_2242998.jpg

ワゴンカーに入れられて 売り場を通って帰ります。

ワンコ用アイスクリームに激しく反応。なんでわかるんだろう?





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-31 22:23 | わんすけ | Comments(6)  
赤毛のアンの世界
2012年 10月 29日




赤毛のアンのお話 もう少し続きます・・・


<グリーンゲイブルズ・ハウス>

アンのファンにとってはまさに聖地なのだけど
冷静に考えてみればよく出来た再現テーマパークです・・





d0169859_2113830.jpg

大事なお客様専用のバラの小枝のつぼみの茶器・・・




d0169859_2113264.jpg

壊れた石版・・・




d0169859_2111947.jpg

いちご水・・・






d0169859_2111372.jpg

マリラの部屋の中央にはむらさき水晶のブローチ・・・
そして

d0169859_211935.jpg






再現したものだとわかっていても懐かしい思いでいっぱいになります。
家の前には“おばけの森” がひろがっているし 
横の出口は “恋人の小道” へ続いています。
そして敷地の隅には小川が流れています・・・。











<グリーンゲイブルズ博物館>



d0169859_2144469.jpg


赤い道の先にあるモンゴメリの伯母さんの家が
パットシリーズに登場する“銀の森屋敷” のモデルになりました。
モンゴメリ自身が幸せな滞在をした家として知られています。


d0169859_1352284.jpg

この家の前に広がるのは輝く湖水。



そしてリビングには
d0169859_2102251.jpg

モンゴメリ自身が寂しい少女時代に呼びかけていたキャビネットが。
ガラスの向こうにケティ・モリスがいるのですね。











ふたたびシャーロットタウンです。


d0169859_2122112.jpg

ホーランド・カレッジ。モンゴメリもここで一年学んだそうですが
クィーン学院のモデルといわれています。

(ここでアンは生涯の友プリシラやステラに出会うのね~)


d0169859_2121835.jpg

建物は変遷しているのでしょうが面影は残っているのではないでしょうか。

(アンが奨学金受賞者に選ばれたことを知ったのはこの階段のところではないかしら?
急いでジェーンと駆け上がっていく様子が目に浮かびます)





d0169859_2122663.jpg

今さらなのですが シャーロットタウンは州都です。
可愛らしいお店が並び 信号なんてなくても車は停車してくれて
歩行者は安心して道路を横切ることができます。

私が訪れたのは夏が終わったあとなので
避暑客の賑わいもなく ことさらのんびりした空気です。


可愛らしいのんびりした小さな街。

お話は100年以上も前の時代でしたが
ここを アンたちは “町” と呼んでいました。
この町のクィーン学院に入学して 
“騒々しい”町に悲しくなって ホームシックになりましたよね。


ダウンタウンというにはあまりに短い目抜き通りは
夜には早々にどのお店も閉まって暗くなってしまうのにね。








どこの国でも同じでしょうが 100年前というのは
庶民にとってまだまだとても不自由で不便な時代です。

『赤毛のアン』 というのは一見 夢物語のようで
実は厳しい現実を踏まえた実生活の上での・・
やっぱり夢物語というのが私の見解です。← ややこしい。

主人公がおしゃべりだとか・・夢見がちであるとか・・事件をひきおこすとか・・
そんなキャラクターに上塗りされた行間のほんの片隅に
彼女の悲しみや不幸やそれまでの環境がそっと書かれています。

大人になってこの本を読み返すとき 見落としていたそんな背景に気づくのです。







マリラが普段の食卓にのせていた “野生リンゴの砂糖漬け”。
クラブアップルのことだそうですが その実が実際に生っていました。
日本の姫リンゴの10分の1もない大きさです。
こんなところで堅実なマリラを感じました・・・。


本の中で登場人物達は ドキュメンタリのようにいきいきと描かれています。

だからこそ私達は再現テーマパークであっても 100年たった今でも
ここを訪れる事を夢見るのでしょう。
モンゴメリの愛したプリンスエドワード島は
アンが一生涯住み続けたところですものね。














にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-29 16:58 | おでかけ | Comments(4)  
憧れのプリンスエドワード島へ・・・
2012年 10月 26日



d0169859_15212554.jpg


モントリオールからシャーロットタウンへ
・・・こんなカワイイ・・というかなんというか・・プロペラ機で。
飛行機まで直接歩いていって搭乗するのも楽しくて・・

・・・楽しくて嬉しくて楽しくて嬉しくて。



とうとう夢が実現して ・・・   ここは私なりに思い入れたっぷりに綴りたいところですが。
・・・努めて抑えて冷静に。  でないと支離滅裂になりそうなので。


でもこれがもしも40年前だったら。

私が赤毛のアンにもっともっと陶酔しきっていた頃だったら
前夜は興奮して眠れなかっただろうし 何もかもかもがこの日のためだけに進行して
ほかの事は何も手につかなかったに違いない。


40年後の今は・・思春期の自分に会いに行くような気分です。




d0169859_15212293.jpg

鉄分を多く含む赤い土の島。

国立公園の北海岸。 荒涼とした眺めですが
夏には多くの避暑客で賑わうそうです。

プリンスエドワード島は避暑地として人気が高いそうですが
日本からの観光客は多くが赤毛のアンの崇拝者です。




d0169859_15205989.jpg

モンゴメリさん。私とうとうここまで来ました。
たくさんの人々がそうしたように私も心からの感謝を。
あの頃の自分が愛しくて涙があふれそうでした。



d0169859_1521263.jpg

そして・・グリーンゲイブルズ。



d0169859_15211472.jpg

アンの部屋。




d0169859_15204238.jpg











赤毛のアンの物語の中で あまりに楽しく興奮した時間を過ごした後
“もう平凡な生活にかえれそうもない” なんて気持ちになる場面があります。
そのとき年かさの友人は “アイスクリームを食べたら気分がなおるかも” と言います。
アンはそれが いかにも現実的に聞こえたけれど驚いたことにそのとおりだったと語ります。



私もここへ来てあまりにも感慨深い時間を持ってしまったので
いつもの自分に戻れるだろうかとそんな気持ちでした。

けれど・・


d0169859_1520313.jpg

こんなランチを食べたら一気に現実に戻りました!さすがワタシ。


添えてあったジャガイモもバターもミルクもPEI産。
この島には 主要産物のジャガイモはもちろん酪農品そして海産物まで
美味しいものがそろってます。
赤毛のアンを抜きにしても風光明媚なグルメな島なんですね~。



d0169859_15465083.jpg

d0169859_15465459.jpg

バスで移動中に遭遇したキツネさん♪
これは娘が写したものです。私の席からは尻尾しか見えなかったのー。


PEI の別の日の夕飯。
d0169859_1547083.jpg


何を食べても美味しくて・・PEI 立ち去り難し。
もっともっと島の隅々まで見てまわりたい。
私にはもう許されないことだろうけど・・何度でも何度でも訪れたい島です。




















にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-26 15:57 | おでかけ | Comments(6)  
メープル街道の秋
2012年 10月 23日


d0169859_1535440.jpg



メープルって その響きからしてカワイイですよね。

ナイアガラからトロント モントリオール ケベック・・
このあたりがメープル街道と呼ばれています。

ローレンシャン高原へのオプショナルツアーを申し込んでありました。
幸運にもぴったりの時期で ほとんどピークという紅葉の森へ。





ローレンシャン高原のリゾート地モン・トランブラン村。
d0169859_15345855.jpg



低い山を背にした可愛らしい村です。

おしゃれなホテルやショップ レストランが並び 
傾斜を利用したリフトが 結構なスピードで走っています。このリフトは無料なので 
何度も乗ったり降りたりして景観を楽しむことが出来ます。




d0169859_15342653.jpg







トランブラン山への山頂へは有料のゴンドラで。
d0169859_15344988.jpg




d0169859_15342262.jpg


途中には滝がいくつかあったりして気軽な気持ちのよいお散歩コースです。










街ではハロウィーンの飾り付けが始まっていました。

d0169859_1534659.jpg



d0169859_1534150.jpg




紅葉見物というにはあまりに夢見心地の時間でした。
一番見たかった季節にこの場所へ来られてすごくハッピー。


そして・・翌日は もっともっと見たかった場所へ。
若かりし頃の夢がとうとう実現したのです。


モントリオールから飛行機に乗って
プリンスエドワード島へ向かいます。   
  






にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-23 16:13 | おでかけ | Comments(4)  
北米のパリ・モントリオール
2012年 10月 19日



d0169859_14494290.jpg

同じ高さに刈り取られているのは機械による収穫なのでしょうか。
黄金色のとうもろこし畑が果てしなく続く退屈ともいえる風景ですが

電車の旅って好きです。

特にこんな広大な土地を電車で移動するのは好きです。

30分経っても同じ風景・・大きな窓にもたれてウトウト・・
時々ふっと目を覚ましても同じような景色が目に入るのって贅沢です。


d0169859_14493861.jpg

線路は真っ直ぐにどこまでも続きます・・・



ナイアガラからトロントへ そこからVIA鉄道に乗りこみました。
大陸横断鉄道ですが私達はモントリオールまで。
エコノミーでも座席は充分広くとても快適です。


気分は “世界の車窓から” ~ ♪♪♪ 


d0169859_14493667.jpg

いくつか停車した駅は都会のはずなのですが 駅舎はとても簡素で
とくにプラットホームもなく田舎の無人駅のよう。
d0169859_144930100.jpg


送電線を支える柱も木製でレトロな感じ。
これには訳がありました・・
極寒地なのでコンクリート製ではヒビが入ってしまうそうです。


実際はかなりのスピードを出しているはずですが
なんとなーく のんびりゆっくりの電車に5時間。
おかげさまでやっと時差ぼけが解消されたようです。



トロントを出たとき 英語の後にフランス語のアナウンスがありました。
モントリオールが近づくとフランス語が先になりました。



d0169859_1449355.jpg

ケベック州モントリオール。季節はナイアガラのあるオンタリオ州より早く進んでいるようです。





d0169859_14485789.jpg


北米のパリといわれるモントリオール。ケベック州ではフランス語が公用語です。
ケベック州は今もカナダから独立したいと考えているそうで
言語警察と呼ばれる機関があって 英語の看板や立て札を見かけると
厳しく取り締まっているそうです・・。


・・・ だから というのもなんですが フフフ・・♪


d0169859_14484546.jpg

ここにはパリのクスミティーの直営店があるんですね~♪♪♪

かつてシャンゼリゼのお店へ行ったとき・・残念ながらお休みだったので~
ここでリベンジです。 思ったとおり可愛くてステキなお店。
ここの紅茶・・美味しいと思います。日本でも買えるけど高いのでね。
アナスタシア・・トロイカ・・ それらしいブレンドを買い求めました。

可愛いクスミティーのパッケージ柄のショッピングバッグも欲しかったのですが
そのテの袋やエコバッグ あきれるほど持っているので我慢~。。。。。



夕飯は名物料理スモークミートのお店へ。
d0169859_14482761.jpg


思いっきり大衆的なお店なのですが人気店ということですっごく混んでいます。

d0169859_1448212.jpg

スモークミートのサンドイッチ

d0169859_14481857.jpg



d0169859_1448718.jpg


私とアネキと娘 三人で二人分のオーダーでしたが充分過ぎです。

北米のパリで・・これは何料理なんでしょ?






d0169859_14485357.jpg

近代的なビルのすぐ隣に 『世界の女王マリア大聖堂』 ・・ 
ヴァチカンのサン・ピエトロ寺院を4分の1に縮小したものだそうです。

北米のパリで・・ヴァチカン。 

d0169859_16253483.jpg






d0169859_16252798.jpg

4分の1であっても・・・かつての感動を思い出すものです・・・。





モントリオール2泊目の夕飯。フレンチのビストロを見つけていたのですが
・・・   ・・・ アネキが・・・ もうそういうのはいいやと またまたご機嫌ななめ。


美味しいと聞いたチャイナタウンのお店へ。

d0169859_1753531.jpg

すごい量です・・いつもたくさん食べる私達ですが・・半分も食べられません。
この炒飯だけでも3人分くらいあります。

それでも北米のパリで・・ 美味しい中華でした~!





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-19 17:15 | おでかけ | Comments(4)  
ナイアガラ・オン・ザ・レイク
2012年 10月 19日


北アメリカの五大湖の名前 どうやって覚えましたか?

ミシガンちゃんがエリをたててヒューっとスベりオン。 だったかな。私は。
スミ・ヒエオとかSMヒーローとか いろいろな覚え方があるようですが emoticon-0140-rofl.gif


標高の高いエリー湖から水が流れ落ち ナイアガラ滝となってオンタリオ湖へ注ぎ
その先はセント・ローレンス川となって大西洋へ向かいます。
到着はあこがれのプリンスエドワード島のあるセント・ローレンス湾。
それは今回の私の旅のルートでもあります。





まずはナイアガラ川からオンタリオ湖へ。

オンタリオ湖のほとりにはたくさんのブドウ畑があって
なかでもアイスワインの産出で有名です。ワイナリーめぐりをするのも楽しみの一つ。
どこのワイナリーでもだいたい$10(CA$)くらいで 
アイスワインを含めて4~5種類くらいテイスティングできるようです。



ちっちゃーいテイスティング用のカップを想像していたのですが
ちゃんとしたワイングラスに結構な量を注いでくれます。
タクシーで3箇所のワイナリーを訪問したので 15杯くらい?
・・・軽く酔っ払いました~。



d0169859_22205222.jpg

私が興味を持って 前もってリクエストしていたSouthbrookワイナリー
例のバイオダイナミック農法によるワインの生産をしているところです。

見渡すかぎりのブドウの木の下に雑草が生い茂っています。
究極の有機栽培だものね。








d0169859_22204812.jpg

ナイアガラ・オン・ザ・レイクの町中は緑と花がいっぱいで
可愛いお店が並んでいます。イギリス色の強い街です。

中心地にあるプリンス・オブ・ウェールズ・ホテルでお茶を。

由緒ある・・というにはあまりにも可愛いこのホテルのティーラウンジでは
ちょうどコスプレ・パーティーが。
d0169859_22204159.jpg

どんなメンバーのお集まりだったのでしょうか。
皆様 本物のアンティーク・ドレスをお召しになって賑やかに楽しんでました。
このホテルのアトラクションかと思っちゃいましたよ。




d0169859_22203282.jpg

見かけだけでなくお茶もサンドイッチもスコーンも美味しかったです・・
が・・スィーツはボリュームあり過ぎかな~。


d0169859_2220375.jpg

階下のトイレへ続く通路もゴージャスです。

このホテルの名の持ち主の・・かつてのカップルの肖像画もありました。







まだまだ旅の序盤戦というのに 同行したアネキはもう
日本食が恋しくなっています・・・。
ナイアガラへ戻って「瀧」 というレストランへ。
それほど期待していなかったのですが・・ネタが新鮮で美味しかったのです。
サーモンなんて好きじゃないのに・・大好き~になっちゃいましたよ。


d0169859_22202126.jpg

アネキに『もう和食~?』なんて言っていた私でしたが
写真を撮る前にもうあせって半分くらい食べてしまってました。。。







にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-19 00:18 | おでかけ | Comments(2)  
ナイアガラへ・・
2012年 10月 18日



d0169859_12554095.jpg



世界中の人たちがやってくる大観光地ナイアガラ。
その滝のすごさはわかっているつもりでした。

けれどこうして間近に立つと スペクタルな景観に言葉を失います。
ここに落ちたら絶対に助からない・・。
カジュアルな柵を隔てただけの 至近距離のところに
死と直結した深淵が 美しく口を広げているのです。




d0169859_130979.jpg



滝へ向かう大きな流れは じっと見ていると
まるで静止しているようで魅入られてしまいそう・・・

自殺者も多いということですが それ以外で命を落とした何人もの人たちも
うかつだったのではなく とりつかれたように引き込まれたのではないか 
・・・そんな事を思ってしまうほど。








「霧の乙女号」 に乗船して もっともっと近くまで行きます。




d0169859_12553634.jpg

カナダ滝




d0169859_12552849.jpg

アメリカ滝






この雄大な自然は怖いだけでなく

ダイナミックなあおり風としぶきを全身に受けると とてもエキサイティングで 
ここが大きなエネルギーの塊であることがわかります。

滝から立ち上る水煙の中を元気にたくさんの鳥が飛び交っています。
滝に飲み込まれそうなほど 近く近く。

歓声をあげる乗客のほかに 目に入ったのはこの鳥達だけでしたが
溢れんばかりの生命感に満ちていました。











d0169859_12561053.jpg











d0169859_12551698.jpg

観光客慣れしていて 近づいても逃げない鳥さん。
自分がどんな絶景ポイントにいるかわかってる~?






にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     




More
[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-18 14:11 | おでかけ | Comments(2)  
You missed your flight
2012年 10月 14日



旅の始まりは ネットで手配した格安チケットでのフライト。

この時期はまだトップシーズンだったためか出遅れたためか
思ったよりもずっと高い値段で売られていた。
十日後の今頃の出発はトロントまでの直行便はかなり安く出ている。

成田からトロントまで約12時間。

私が目をつけたのがシカゴ経由の乗り継ぎ便のチケット。
シカゴまで11時間半。 シカゴで約2時間の待ち時間のあと
トロントまで1時間半のフライト。
このチケットだと往復で税込みで
この時期の直行便の半額以下の10万円ちょっと。

シカゴでの2時間はちょうど良い休憩になると考えていた。

乗り継ぎといえども いったんアメリカに入国するのでESTA申請が必要となる。
同行するアネキの分もネットでチャッチャとやって
ごく当たり前で簡単な事なのに 代理店を通さず自己申請したということにドヤ顔の私。


とにかく安い航空券をゲットしたことに意気揚々としていたのだ。
そして トロントの国際空港に到着後はナイアガラバスという送迎会社を手配して
ナイアガラ滝のある町のホテルまで送ってもらうことにした。





さて 成田から飛行機に乗り込んだ私達は両手にもうお買い物の荷物が。
化粧品やブランドバッグのお店を覗いて・・円高の喜びをかみしめて。

シカゴでも何か売っているかな~ ・・・ って 
お気楽オバさん二人の旅が順調だったのはここまでだったのです。


シカゴでの乗り継ぎ・・ 間違いないようにシカゴ・オヘヤ空港内の見取り図を
ネットで調べてコピーしたりしていたのですが ちょっと気になる文を見つけて・・。

“入国手続きには時間がかかります。乗り継ぎには充分な時間をおとり下さい。”

充分な時間・・ったって・・2時間もあれば充分過ぎるでしょう?


シカゴ空港に到着。シャトルに乗って入国審査口まで15分くらい。
行ってみて驚きました・・・ものすごい人数。長蛇の列。

だ・・大丈夫・・まだ1時間45分もある。


しかし この大人数に対して開いている窓口はほんの数箇所。
刻々と時間は過ぎていきます。残り時間が40分を切っても順番はまだまだです。


アネキも私も これはマズイぞ~ と感じ始めて・・


頭の中で拙い英文を組み立てて 近くにいるスタッフをつかまえて
チケットを見せて時間がないことをなんとか告げると
そのまま並んで順番を待つしかない・・私に出来ることはない・・
・・・  たぶんそんな内容の冷たい返事。

そんなぁ~・・・ だって私達の飛行機が・・

そのあと数人のスタッフを呼び止めても同じ返事。


私の様子を見て 白人の老紳士が提案してくれました。

『大きな声で叫びながら 前へ行きなさい。
・・・ ホーム・アローンのママのように。』  (たぶんそう言った)

 ・・・  う。 ホーム・アローンね。 たしかに・・あの場面はシカゴの空港だったかも。
いやそんなことは今はどうでもいい。

私に泣き出さんばかりの大声で人をかき分けていくことができるだろうか。
英語でなんと叫べばいいの?・・・ やるしかない?
並ぶことを知らない○○人だってここでは順番を待っているだろうに
その国の最低ランクの人だと間違えられるだろうな。。。

当惑していると 一人のアジア人女性が話しかけてきて
要約するとたぶん 彼女もかなり時間が差し迫っていて
この列の人たちに一人一人交渉して前に行かせてもらいましょうというものだった。

私達は地道に辛抱強く 一人一人にチケットの時間を見せ
大変申し訳ないが前に行かせてくださいと頼んで前に進んでいった・・のですが

20人ほどぬかしたところで チケットを見せると
もうほとんどの人が私達のフライトよりも先でもっと急いでいる状態だったのです。


こんなに皆が時間がないのなら ・・・
もしかしたら飛行機は待ってくれているのではないかと考え始めました。
同じフライトの人たちもいますしね。



冷や汗をかきながらなんとか入国審査を終え

・・・今朝は 『重いわぁ・・』と言いながら夫に手伝ってもらったのに
…           自分のと 審査が遅れているアネキの分を両手持ち!で
ターンテーブルからスーツケースをもぎ取り

あたふたとチェックイン窓口へ着くと ちょうどぴったり出発時間!
ああ・・間に合うに違いない・・こんなに入国審査が混乱していたのだから
きっと待っていてくれるに違いない・・ 
このカウンターのすぐ後ろに搭乗口があるのだ・・きっと。


カウンターにいるかなり年配の女性は ゆっくりパソコンをたたきながら
おっとりと舌をならしながら・・口角を上げこともなげに

『 You missed your flight. 』    ・・ はい?!

ああ このセンテンス。ここだけクリアに聞き取れた。一生忘れられない言葉だろう。


・・・続けてさらに怖ろしいことを言っているように思う・・。
たぶん 『あなたの次の飛行機は明日です』 と言っているみたい。

明日? 今夜はどこに泊まるの?このシカゴで!
こんな英語能力で次のフライトの情報をどうやって知りえるのだろう。
それに “昨日飛行機に乗れなかったから今日これに乗せてね♪”
という状況をどうやって誰に告げればいいのだろう・・・?
それにまた新たな料金が発生するのだろうか。。。


私は真面目な日本人なので こういう状況になったのは自己責任で
自分でなんとかせねばと考えてしまうのだ・・。
まずは日本語が話せるスタッフを捜そう。

隣のカウンターでは若い女の子が猛然と抗議している・・。
英語でさんざんまくしたてた後に 『ありえないでしょ』 とつぶやくのが聞こえた。

あ 日本人!

地獄でホトケに・・いや美しい天使が舞い降りたかのよう・・。

私達が困っているのを告げると快く通訳してくれて・・

私達の次の飛行機は 明日と言っても5時間後の0時10分発で
承諾すれば このままここで待っていればチケットを発行してくれて
なんの手続きも必要ないということだった。


可愛くて美しい天使ちゃん。本当にありがとう。ご恩は一生忘れません。
次の飛行機にすんなり乗れるなら ここで5時間待つのもOKです~。



d0169859_1343558.jpg



ボロネーズのほうは昔給食に出たような味。でもスタッフはとても親切だった。
何の変哲もないサラダとパスタの写真だが忘れられないシカゴの思い出。
それにここで 今回の旅のために胃を大きくした感じ。








かくして・・・ トロント・ピアソン空港到着午前2時近く。

空港から続く広くて長い通路には人影もない。
送迎バスのブースに着いても誰もいない・・・。
24時間体制であなたをお待ちします って書いてあったのに嘘つき~!!!


結局 持ち場の違う空港スタッフの人が連絡を取ってくれて
1時間後にお迎えのバスがやってきて・・


ナイアガラのシェラトンホテルに着いたのが午前5時。
夜明けにはまだまだ遠く 暗い夜空にはもやがかかっている。

疲れきった私たちが 夜空に大きく広がっているそのもやが
ナイアガラの滝から立ち昇っている壮大な風景の一部だと知るのは
浅い眠りをむさぼった数時間後のことだった。





d0169859_1343078.jpg













にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-14 01:50 | おでかけ | Comments(6)  
帰宅
2012年 10月 11日


十日以上も家を空けるのは 私にはかなり稀なこと。

留守の間に台風がきたそうで 紫陽花の太い枝が折れてしまった。
春に植えつけたまだヒョロヒョロの若い木が無事で良かった。
土いじりは苦手と言いながらもやはり自分の家の庭は愛しいらしい。


自分の部屋は別棟で一人暮らしと同じありようなので
テーブルの上は旅立った日のまま 同じ物が同じ位置に散らばっている。
それでも時々夫が空気を入れ替えに来てくれたらしい。ゴミ箱も空になっている。



スーツケースをひろげて 洗濯物やお土産をどんどん出しながら
目まぐるしくも楽しく過ごしたこの十日間を思い出している。
・・・無事に帰宅できてなにより。


トイレに入って・・ああ やっぱりここが私の家よねと安堵の溜息が。
このトイレが一番いい。日本の私の家のトイレ。
帰ってきたわ~ と心から落ち着けるもの。



尾籠なお話になってしまいますが 日本人のお尻は
世界一清潔なのではないかと思っている・・・。 



もっと尾籠な話が続きます・・・
[PR]
by sogno_sonyo | 2012-10-11 11:27 | おでかけ | Comments(4)  

すべて世は事も無し。
by そにょ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
おまじない程度のおまじない
at 2017-02-03 22:59
手づかみ食
at 2017-02-01 14:15
和のテーブル
at 2017-01-20 16:14
瑞雲
at 2017-01-16 23:25
遅まきながら年頭のご挨拶。
at 2017-01-14 17:08
ポチっとよろしくお願いします
最新のコメント
> chaco-oさま ..
by sogno_sonyo at 14:03
離乳食、懐かしいですー(..
by chaco-o at 23:00
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 23:39
ずっと更新されていらっし..
by kanafr at 08:45
> 泉谷 またもや年があ..
by sogno_sonyo at 22:22
> いつも微笑んでさま ..
by sogno_sonyo at 22:15
はい。あけましておめでと..
by 泉谷 またもや年があけ・・ at 19:17
1月も20日を過ぎ(ボソ..
by いつも微笑んで at 17:48
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 15:35
そにょさん ご無沙汰いた..
by kanafr at 09:04
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 05:45
無事に定期検診が終わられ..
by kanafr at 10:22
> いつも微笑んでさま ..
by sogno_sonyo at 21:43
検査結果をきくだけの通院..
by いつも微笑んで at 10:15
> akicosmosA..
by sogno_sonyo at 00:52
びっくりです。最初はハラ..
by akicosmosA at 19:07
鍵コメさま ありがとう..
by sogno_sonyo at 10:00
> 鍵コメさま コメン..
by sogno_sonyo at 22:20
> 泉谷 関所さま あ..
by sogno_sonyo at 21:22
昨日何度コメントをいれて..
by 泉谷 関所 at 19:48
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル