「ほっ」と。キャンペーン
揚雲雀なのりいで蝸牛枝に這う
sognosonyo.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:感想文( 19 )
 
平塚らいてうのこと
2016年 08月 22日
前回の記事に書いたドラマの「とと姉ちゃん」の中で
 <大切な本に包装紙のカバーをかけた女教師>というのは
実際にモデルがいるのかどうか知りませんが 片桐はいりさんが好演しています。
昔 初めて彼女を見たとき 
その個性的な顔立ちに 演じる役は限られるのではなんて思ってしまいましたが
顔立ちだけではない印象をいつも与えてくれる女優さんでした。

今回も 初めての授業の際 唐突に
『元始女性は太陽だった!』と平塚らいてうの言葉を言い放ち 
これからの女性は強くあれ 自立せよと
女学生達に諭すような熱い心を持ちながらも
女性らしさに満ちかつキュートな面もあるという不可思議な役どころです。
通常の美人顔でないからこそインテリジェンスを醸し出しています。

この女教師を通して その教え子達にも強い影響を与え 
意識の革命をあたえた<平塚らいてう>について 
私はテストのために教科書で名前を暗記したくらいで何の知識もありませんでした。

今回の前のドラマ<はるがきた>にも平塚らいてうの女学生時代のシーンがあり
歳若いらいてうは大成した女性実業家に生意気な態度で反抗しました。
その後彼女は女性のための文芸誌『青鞜』を製作するなど
女性解放運動家として活動したわけですが
今回のドラマでは
戦後の70歳ほどの年齢のらいてうが登場します。

『青鞜』のような気迫ある女性のための提言を期待した雑誌の編集者に対して
らいてうは 思ってもみなかったような変貌をとげていました。
世の女性たちを奮起させるようなものではなく
ささやかな日常生活にほっこり灯をともすようなエッセイを提案するのです。

「人の考えは変わるのよ」と らいてうは微笑みますが
そうかなぁ・・変わったのかなぁ。
穏やかで しなやかな強さというものを感じます。
戦争という理不尽な経験で
女性解放のための闘いの形が変わっただけです。
こういう強さを持ち合わせ 世の中を通し見ることができたからこそ
彼女の偉大さがあるのだと思いました。



イギリス人の友人と 時々日本女性について話すことがあります。
彼女はいつも 日本女性は弱すぎる 我慢してばかりと言います。
欧米の女性は 当然男性にドアを開けてもらうのに 
日本の男が威張っているから女性は後からついて行くばかりと。

違うのよ、それ。

レディファーストという言葉を学んだあとでも
日本の女性は自分でドアを開けるの。自力で開けるの。
男性の後を歩いていても 寡黙に控えていても
日本の女は我慢できるという強さがあるの。


若きらいてうは <太陽に光をもらって輝く月>ではなく
太陽を取り戻さなければと説いたけど
月は充分に美しい。煌々と輝くその存在は大きい。
太陽のエネルギーをこれほど使いこなすすべはない。

後年のらいてうの考えの変化というのは
こういうことじゃないかしらって 勝手に解釈しています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ


にほんブログ村       emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。 頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif     

[PR]
by sogno_sonyo | 2016-08-22 14:49 | 感想文 | Comments(2)  
すてきなあなたに
2016年 08月 19日
見るとはなしに毎朝見ているNHKの連続ドラマ 『とと姉ちゃん』。
ドラマの中では 戦前の時代から時は流れて 
還暦の私が生まれた年に近づいてきた。
私が生まれたのはこんな時代だったのだとあらためて興味深い。


「暮らしの手帖」は我が家の本棚に何冊かあった記憶がある。
が 私が会社勤めをしていたころ 同僚が
『良家の主婦は<暮らしの手帖>を定期購読しているものだわ』と のたまった。
その言い方がとても嫌な響きだったので それきり心が離れてしまった。

結婚してから <筑前煮の作り方>の復刻版があったので買い求めたが
その作り方はかなり面倒なもので やはり良家のお煮しめは違うと思ったものだ。

でもこのドラマを見る限り 当初の「暮らしの手帖」は良家の主婦や子女のためではなく
むしろごく普通のもしくはそれ以下の生活をする女性のための雑誌だった。

あの手書きのような見出しの活字 柔らかなぬくもりのある絵の表紙。
同僚のつまらない言葉に反発なんかしなくてもよかったのにね。


けれど実は 
「すてきなあなたに」の単行本はちゃんと持っていた。


一番めのお話「ポットに一つ、あなたに一つ」は生涯の教えとなっている。
ようするに紅茶を淹れるのに 
茶葉は自分のためにティースプン山盛り一杯とそれプラス一杯多くということなのだけど
それをポットの分とカウントするのがまさに素敵。
紅茶を気軽に飲むようになったきっかけにもなった。

後年 紅茶教室へ顔を出したりして
きちんとした紅茶の淹れ方も習ったけど
この淹れ方が癖になってしまっているみたい。

温めた牛乳に濃い目の紅茶を淹れるこっくりしたのが今でも好き。
ぐらぐらと沸騰させてしまったお湯で淹れ カップにはもちろん牛乳が先。
ポットにひとつ と表現した感性が忘れられないものにしたのでしょうね。


********



ドラマの中に出てきた言葉。
<ささやかな心がけが小さな幸せを生む>

姉のお下がりの筆箱に小さなワンポイントを付けてくれた祖母。
大切な本をきれいな包装紙でカバーをかける女教師。
何気ない日常が小さな工夫できらりと光る。

上の言葉には<そんな進化を大事にする人でありたい>と続く。



本当に実に実に おこがましい話なのだけど
私がブログを始めたのは そんな気持ちが漠然とあったように思う。
素敵なこと見つけ。のようなもの。


「すてきなあなたに」 について筆者は
<素敵なことに出会ったことを 私一人だけが知っているのは勿体無い 
ぜひ皆さんにもお知らせしたい>
というようなことをおっしゃっている。

ブログやSNSで発信する世の方々も根底には同じような思いがあるのではないかしら。

だから

非日常の旅先での経験とか 生活の中での体験とかにかかわらず
有名な○○レストランでこんなもの食べたよ! とか
ブランドバッグをゲットしたよ! とか そんなのも充分アリだと思っている。
もちろん心の中の小さな思いや意見も。

それぞれの発信はそれぞれの感性に彩られている。
私達は自分が好ましいと思った
感性に寄り付いていけばよいのだから。



にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2016-08-19 18:08 | 感想文 | Comments(2)  
封印の書
2014年 12月 05日

封印していた本がありました。


10年以上も前のこと

娘が何気なく立ち読みした本で
泣いてしまったというのです。
それは愛犬を失ってしまった女の子の話でした。
それを聞いて私はたちまち興味を持って
出かけたついでにその本を買い求めました。

それは短編集の一番始めのお話です。

電車の中でパラパラと読んでいた私
・・・人目をはばかって口を押さえても
嗚咽が漏れてしまうほど泣いてしまいました。


その本を買って1ヶ月も経たないころ
飼っていたワンコが病気で死んでしまいました。
『ママがあんな本買って来るから』
娘は泣きながら言いました。

私はその忌まわしい本を封印。
本箱ではなく押入れの奥深くの箱にいれ
二度と読まないようにしました。

数年後大掃除をしたとき
忘れていたその本を見つけてしまってドキリ。
その頃にはもう二匹目のワンコ シンちゃんがいたから。
その本に何の責任もないのですが
根拠のない理由で
シンちゃんのためにさらに奥へしまいました。




今になって。

なんだかとても読みたくなって。
もうシンちゃんもいないのだから
何の差しさわりもないのだから。

私はその封印の書を開きました。


江國香織の短編集 「つめたいよるに」 の中の
<デューク> です。
絵本にもなったし
センター試験の問題に使われたので
ご存知の方が多いと思います。


10年ぶりに読んでまた泣いてしまいました。
ただ悲しいだけの話でないところが泣けるのです。
読み終わった後暖かな気持ちになるお話です。
それでも涙が止まりません。
こうしてこの文を書いていても泣けてきます。
忌まわしい本だなんていってごめんなさい。


クリスマスソングが流れる季節に
おすすめの一編です。

d0169859_20472871.jpg


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2014-12-05 20:38 | 感想文 | Comments(4)  
浅田次郎 『一路』
2014年 08月 02日
d0169859_16322068.jpg



入院中に義姉から届けられた上下二巻の本。
最近読んだ中で一番肩が凝らなくて面白かったので
気晴らしが必要なときにどうぞ という手紙が添えられていました。

私は手術前からかなり体力が無くなっていて
500mlのペットボトルさえ持ち上げるのがやっとで
キャップは自力で開けられなかったほどだったので
こんな分厚い本持つのが無理でしょうという気持ちでした。

何よりも本を読むという集中力などなかったのですよ。

けれど 手術後3日目あたり。

痛みだけでなく 興奮状態というか
気が高ぶってしまって身の置き所が無くて
消灯時間を過ぎてもまったく眠れないので
タオルを折りたたんでクッション代わりにお腹に当て
テーブルに寄りかかるような姿勢で
この本を試しに開けてみたのです。すると・・

およそ4時間近く没頭する事ができて その間痛みを忘れて 
どう過ごしていいか途方にくれていた時間が流れてくれたのです。

眠れないときだけ読むつもりでしたが
病人のくせに 数日間で読んでしまいました。




  emoticon-0158-time.gif   emoticon-0158-time.gif   emoticon-0158-time.gif





この本を手にとって見る気になったのは まずは表紙。
山口 晃さんの楽しげな表紙絵です。
私はこの方の名前を知らなかったのですが
作品は何度か見かけて印象に残っていました。
これは⇒☆日本橋の三越で見かけたことありませんか。



本の内容としては
さらりと読むもよし。じっくり深読みするもよし。
どちらでも楽しめる本です。

トントン拍子に話が進むと感じる人もいるでしょうが
そのときの私にとってはそれが救いとも感じられましたよ。
神仏の加護を願う事 スピリチュアルな偶然に出会う事
昔からの伝統を尊ぶ精神のありよう。
ありえないような可笑しな描写でさえ さもありなんと
受け入れてしまうのが この作家の上手さだと思います。

ふと思い出してみれば浅田次郎氏は
「蒼穹の昴」 を書いた人なんですよね。
その語り口の違いに驚きもありますが
あらゆる方面への造詣の深さにより驚きを覚えます。

登場人物の誰もが ・・
 主人公はもちろん彼を取り巻く面々も 通りすがりの市井の人も
誰もが皆 一所懸命であるので 
爽やかな読後感があります。


ストーリーを追うだけでなく じっくり時代背景を考えたり
地理的なことやその土地の歴史を今一度学んだりすると
また楽しさが大きく膨らむに違いありません。





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2014-08-02 16:37 | 感想文 | Comments(10)  
風立ちぬ・・・
2013年 09月 06日


宮崎駿氏の引退会見が行われた今日
くしくも『風立ちぬ』を観てきました。

引退表明は何日も前に聞いていましたので
驚きませんでしたし 氏は過去に何度となく 
『この作品で最後』 とのたまっておられたので
今回もそうだろうと思ってました。

きっとぼーっとヒマなときとか長電話の最中に
手近に紙と書き良さそうな鉛筆でもあったら
さらさらと女の子の横顔でも描いて
そこから電撃的にストーリーが浮かんで
また壮大な物語を作っていくに違いないと思ってました。





d0169859_17535755.jpg

美しいお話でした。

雲の間を飛んでいく白い飛行機にナウシカを連想し
武器を抱えた戦闘機にハウルの敵を思い出し
豊かな緑の森にもののけ姫を感じました。

そういえば宮崎氏の作品はいつも風が吹いて
何かが飛行しているような。



d0169859_17535233.jpg



かつて『崖の上のポニョ』を製作したときは
3歳児が観ても楽しめるもの・・とおっしゃっていたと記憶しています。

が この『風立ちぬ』 は 子供には退屈かもしれないし
大人のラブシーンもあります。宮崎駿作品では初めてかも。
決して厭らしいものではなかったけど現実的なキスシーンがありました。


d0169859_17534863.jpg



今回のお話は ワクワク胸を踊らされるようなものではなく
ファンタジーでもなく ハルマゲドン後の世界でもない。
実際にあった過酷な時代に主人公は淡々と語りながらも
夢を現実にしようと生きていく・・・。


引退を決意した上での宮崎駿の集大成なのですね。

『未来少年コナン』や『アルプスの少女ハイジ』を見て大人になった私達に
最後に現実的なお話を残して下さったような気持ちさえします。

もうそろそろイイ歳になったでしょ というメッセージかな。
後に残し伝えるべきものを知りなさいというような。

この珠玉の作品 『風立ちぬ』 のエンディングが始まったとき
思わず涙が溢れてきました。
宮崎氏には申し訳ないけど 作品の内容に泣いたというより
彼の”引退” の決意は本当なのだ と心から感じたからです。


飛ばない飛行気乗りの宮崎さん

私は熱烈なマニアというわけではなかったけれど
あなたの作品とあなたという人間が大好きでした。



にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2013-09-06 21:18 | 感想文 | Comments(4)  
名もなき毒
2013年 08月 20日


小泉元首相の息子さんが出ているドラマを
見るとはなしに見ていたらだんだん面白くなって
毎週見るようになって・・
・・ こうなると話の続きが早く知りたくなってしまうという悪い癖。

それでなくてもドラマの原作は宮部みゆき。
私はまだ読んでいないが 娘の本棚にはずっと以前から置いてある。



d0169859_1126252.jpg


観てから読むか。読んでから観るか。
読んでしまおう と決心したのが1週間くらい前。
若い頃と違って目が疲れるのが早いので 
毎晩少しずつ楽しみに読んで さきほど読み終わりました。

さすが。

さすがの宮部みゆき。

この人の文章は的確に人の心を捉える。
作者の好ましい性格や常識の持ちようが根底にあるから
私はやすやすと感情移入してこの世界に入ってしまう。







初めて読んだのは「模倣犯」。

公園で女性の腕が発見されたという冒頭シーン。
小説という大前提において そのくらいならショックではないけれど
その「腕」について もしやと問い合わせて来る人の多さ・・。
そう いまはそんなそら恐ろしい時代なのだと
やりきれないような衝撃を受けたものです。

そういうご時勢に ・・
・・・たとえば 年頃の娘を持つ親から見れば
想像をはるかに越える悪意に満ちた世間が心配でならないのに・・
女の子達の服装はどんどん露出度が高くなっていく・・

これは10年くらい前の・・娘が大学生の頃の私の危惧でした。
そんな親心を充分に知った上での
ストーリーの展開だったように思います。







今回の 「名もなき毒」 は 裏表紙に
<世界は毒に満ちている> とあります。

それは日常の中に潜んでいる毒。
人の悪意であり 悲しみが姿を変えた毒であり 防御の毒であり・・
それが 文字通り毒物を使った無差別殺人に発展したりもするのです。
暴力事件もしかり。毒の感情が爆発するのです。
ただでさえ 環境汚染にさらされている世界なのに・・です。



私という人間はふっくらしているためか。。。?。。。失笑
とても人が良さそうに見えるらしいです。
まったりしているので幸せそうに見えるらしいです。
地味なので真面目に見えるらしいです。

でも私にも毒がある。 と思います。
いい人そうに見えるぶんだけ その毒はタチが悪いのではと思います。
この毒針をどうコントロールしていくか。
いつか振りかざしてしまう時がやってくるのではないか・・

そういう怖さをも考えさせてくれた本でした。




にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2013-08-20 11:34 | 感想文 | Comments(4)  
橋口五葉 
2013年 08月 06日

先月の初め 東京芸大で開催されていた
夏目漱石の美術世界展へ行ったときのこと。

漱石の作品中に登場する絵画を紹介したものです。


お目当ては 酒井抱一の「月に秋草図屏風」 だったのですが
残念ながら展示変更になっていて見ることはできませんでした。



でも!
私にとって素晴らしい出会いがありました!
「我輩は猫である」の初版本の装丁を手がけたという <橋口五葉>。
恥ずかしながら 私はこれまでこの人を知りませんでした。



d0169859_17404037.jpg

怪しくて・・ どこかおどけていて・・


d0169859_17392540.jpg

アール・ヌーヴォーに影響を与えたジャポニズムが
再び日本に回帰した時代です。



d0169859_17414037.jpg

猫を愛する者だけが知るその姿態。




どうして 私この人の事を知らなかったのだろう。
うかつだった・・  不思議なくらいに うかつだった。



でも うかつにも 
この人をスルーしてしまったのは私だけじゃないようです。


というのは 

彼の作品をもっと見たくて ネットで探し回ったのですが
ほとんど出版がなく 手がかりもないのです。

40歳で急逝してしまったらしいのです。


挿絵 装丁 どこまでが彼の手によるものなのか
浮世絵で名を馳せた彼が この世界をどう作っていったのか
知りたくてたまりません。


d0169859_1741599.jpg




画像は ミュージアムショップで買ったノートなどを写したものですが
実際 展示されていた彼のイラストは
色といい そのバランスといい 雰囲気といい 
実に 実に素敵すぎて

当時 「我輩は猫である」 の初版本を手にした人たちに
激しく嫉妬してしまいました。


間違いなく この本の完成度に大きく貢献した仕事だったと思います。






にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2013-08-06 22:43 | 感想文 | Comments(0)  
さよならを言うために
2013年 05月 10日



長く親しんだものが姿を消すのは寂しいものです。

都会の街並みもそう。どんどん新しいビルが建ちお店も変わり
私が知っている風景が違うものになってしまう。
とくに良い思い出がある場所がなくなるのはとても残念。



ル・テアトル銀座が閉館すると聞いたのは昨年の事。

信じられなくて リニューアルしてまたオープンするだろうとか
経営にテコいれして名前を変えても存続するだろうとか思っていました。

でもホテル西洋銀座とともに幕を閉じるということで・・・


センチメンタルになった私は 私なりに別れを告げることにしました。







最後の最後の上演はきっと競争率が高過ぎると思ったので
それほどの大ファンではないし 彼(?)のスピリチュアルな部分を
熱狂的に信じているわけではないのですが  



d0169859_22545550.jpg

emoticon-0111-blush.gif  一度は観ておこうかと。
ご存知 怪盗黒蜥蜴と名探偵明智小五郎の物語。

そう、確かに私はダイアを盗んだわ。
でも心の世界ではあなたが泥棒で私が探偵だった。
だってあなたは私の心を盗んだのだから。


このあまりにも有名なセリフとともに
美輪さんは妖しく麗しくゴージャスな黒蜥蜴を演じきっています。


江戸川乱歩の原作が三島由紀夫によって戯曲化されたのが
60年以上も前。その後1968年からずっと現在まで
美輪さんは彼の脚色の黒蜥蜴を演じているのです。

相手の明智小五郎役は次々に変わっても
美輪さんの黒蜥蜴は美しいまま・・いやますます妖艶になっているかも。

 
観劇の後のクールダウンはホテル西洋銀座のラウンジで。

d0169859_22553353.jpg

ここにもちゃんと さよならを言いました。


テアトル銀座では何度も素晴らしい時間を過ごしました。
・・・とくに市村正親さんのクリスマス・キャロルは忘れられない・・・。

豊かになった気分を壊したくなくて ゆっくりいただく紅茶。(とケーキ♪)
でも帰りの時間もちょっぴり気になる・・ここはそんなラウンジでした。








にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2013-05-10 23:51 | 感想文 | Comments(4)  
レ・ミゼラブル
2013年 01月 14日


楽しみにしていた映画レ・ミゼラブル。
大人気と聞いていましたがピークも過ぎたらしく
平日の埼玉の地方都市とあってはギリギリの時間でも
予約なしで好みの席でゆっくり鑑賞できました。

同行したのは年かさの友人お二人。世代感覚の違いを感じる位のお姉さま達です。
チケットを買うとき・・
窓口の若いコが何のチェックもなく三人ひっくるめて
あっという間にシニア料金(60歳以上)一人1,000円を請求してきたんですよ~。

ちょっと待って!私まだ56歳なんですけど~!!!くっそ~。
あまりの悔しさに復讐として本当の年齢を申告するのはやめましたよ。
もうプンプンなんだかラッキーなんだかわからん。。。。。







さて複雑な気持ちのまま始まったレ・ミゼラブル。
初めて見る人にもすんなり入っていけるような仕立てです。
私は以前に舞台も観ているしストーリーもわかっているつもりでしたが
その時代背景をどのくらい理解しているかと聞かれれば
ちょっと自信はありません。

フランス革命の後ですよね・・ロベスピエールが消えナポレオンすらも失脚して
王政復古もひっくり返りプロイセンとの戦いが始まるという混乱の時代の
(歴史に弱い私の頭も混乱してます・・・)レ・ミゼラブル<悲惨な人々>という物語。



ミュージカルというのは実に感情を揺さぶるもので
役者の歌が歌でなくなってくる感覚さえ覚えます。
これ以上の台詞回しがあろうかと思うほどのメロディ。
そしてデュエットの美しさと群唱の迫力。
とても贅沢な時間を過ごした気持ちです。



アン・ハサウェイの歌う 『夢破れて』 やっぱりすごかった・・・。
スーザン・ボイルさんがこの歌で彗星のごとく現れたときも感動したけど
レ・ミゼラブルでは髪を売り歯を売り・・娼婦にまでなり下がった女性の
悲痛な慟哭で・・彼女の若さまでが痛々しいほどの歌でした。


それと・・学生運動というか暴動のリーダーでマリウスの隣にいたイケメン。
あれ誰だろ・・とけっこう気になっていたんです・・^^;   ちょっと私好み ^^;;;

アンジョルラス役とわかって な~るほど!
『ベルサイユのバラ』 の中で 「あはん♥」 とか言っていた
“花のサン・ジュスト君・なぜかおたずね者”・・がモデルなんですよね。 
死の大天使と恐れられ断頭台の露と消えたという実在の人物。
やっぱり彼が美貌の若き革命家だったのは本当なのでしょう。




それから
最後に民衆の歌を高らかに歌っていたジャンバルジャンですが
ぶっちゃけ彼は革命運動や戦いに直接関与はしていないのですよね。
娘のように愛するコゼットの恋人を救いに走っただけです。

民衆個々の悲惨な人生もそれぞれの思いも何もかも飲み込んで
激動の時代は流れていったということでしょうか。



一緒に観に行ったお姉さま達とこういう話をして盛り上がりたかったんですけど
そういう雰囲気ではなかったのでここでひとりごちました~。






帰り道の見慣れた駅のイルミネーションが
とても美しく見えた夜でした。


d0169859_2301168.jpg


にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     


[PR]
by sogno_sonyo | 2013-01-14 00:02 | 感想文 | Comments(10)  
『戦火の馬』 と 『黒馬物語』
2012年 03月 21日


もう先週の事なのですが 15日は結婚記念日だったので・・
昨年は30周年ということで旅行などしてみたのですが
今年はなんということもないので・・映画とお食事にしました。

映画は 待望の『戦火の馬』。思ったとおりよかった~。

可哀想に決まっているから見ないという友人もいます。
でも可哀想なだけではなかったです。・・・随所 愛に溢れていました。
そしてお馬が とてもとても美しくて・・それこそ悲しいくらい美しくて。

原作もそうとう素晴らしいのだと思いますが
映像化したスピルバーグ監督の才能もやはりすごいと感じさせます。
迫力ある戦闘シーンが視覚に訴える影響力は大きいです。
見ると聞くでは大違いといいますけどそのとおりですね。
それに戦争を描くことはおのずと反戦になるものです。
戦っているのは 私たちの息子であり あなたたちの兄弟なのです。


・・・泣きましたよ。やっぱりもう。
私だけではありません。みーんな泣いてました。夫も号泣一歩手前。
聞けばお馬さんがウチのわんすけに見えてきたとのこと。
そうね。お鼻デカくて似てたかもね。







この『戦火の馬』という映画が作られたと知ったときから
小学生の頃読んだ 『黒馬物語』 を思い出していました。

ブラック・ビューティという美しい黒馬が語る自叙伝です。

かつてたくさんの馬達が人間につくし命を落とし
人間の手によって運命を翻弄されるしかなかったことを
教えてくれた本でした。

小学生の女の子が憧れていたお姫様が乗る二頭立ての馬車の
弓なりに首をそらした馬のシルエット・・
あれは馬にとってとても辛いポーズだということも知りました。

辛い運命をたどったブラック・ビューティは最後の最後には
年老いて懐かしい場所へ帰ることができます。
若くて楽しかった頃の思い出が幻のように浮かんでお話が終わるのですが
小学生の私はそこを読んでワンワン泣いたことを覚えてます。 
一応 ハッピーエンドなのにせつなくて なんとも気持ちの持ちようがなくて
私は動物に対しても人間に対しても公正な人間になろうと・・
・・・そんなふうに考えさせてくれた 良い本でした!



私はこの本が 『戦火の馬』にも
少なからず影響を与えたに違いないと思っています。




にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
emoticon-0133-wait.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします emoticon-0111-blush.gif
     
[PR]
by sogno_sonyo | 2012-03-21 23:50 | 感想文 | Comments(2)  

すべて世は事も無し。
by そにょ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
おまじない程度のおまじない
at 2017-02-03 22:59
手づかみ食
at 2017-02-01 14:15
和のテーブル
at 2017-01-20 16:14
瑞雲
at 2017-01-16 23:25
遅まきながら年頭のご挨拶。
at 2017-01-14 17:08
ポチっとよろしくお願いします
最新のコメント
> chaco-oさま ..
by sogno_sonyo at 14:03
離乳食、懐かしいですー(..
by chaco-o at 23:00
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 23:39
ずっと更新されていらっし..
by kanafr at 08:45
> 泉谷 またもや年があ..
by sogno_sonyo at 22:22
> いつも微笑んでさま ..
by sogno_sonyo at 22:15
はい。あけましておめでと..
by 泉谷 またもや年があけ・・ at 19:17
1月も20日を過ぎ(ボソ..
by いつも微笑んで at 17:48
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 15:35
そにょさん ご無沙汰いた..
by kanafr at 09:04
> kanafrさま ..
by sogno_sonyo at 05:45
無事に定期検診が終わられ..
by kanafr at 10:22
> いつも微笑んでさま ..
by sogno_sonyo at 21:43
検査結果をきくだけの通院..
by いつも微笑んで at 10:15
> akicosmosA..
by sogno_sonyo at 00:52
びっくりです。最初はハラ..
by akicosmosA at 19:07
鍵コメさま ありがとう..
by sogno_sonyo at 10:00
> 鍵コメさま コメン..
by sogno_sonyo at 22:20
> 泉谷 関所さま あ..
by sogno_sonyo at 21:22
昨日何度コメントをいれて..
by 泉谷 関所 at 19:48
検索
タグ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル