3月 節ノ会・桜香


名残惜しくも終わってしまった桜。
私の今年の桜の圧巻は・・・
やはり和の極みの席 「節ノ会」。
3月最後の日の暖かな桜満開の日でした。



d0169859_21512189.jpg

座ったテーブル席から こんなふうに見えました。

極上のお花見の始まり。
こんなに贅沢なお席 いいのかしら?
(いいの。いいの。ゆっくりお楽しみになってね)と 
桜の樹がふんわり枝を揺らして言ってくれました。

こんな勝手な思いに浸れるのは
いつもながらのご亭主さまの優しくて細やかな心遣いが
部屋中にあふれているから。





d0169859_16143297.jpg

月遅れのお雛様も飾られて 春爛漫のお膳。



d0169859_16143956.jpg

丁寧なひとつひとつのお仕事が
ご亭主さまの昨夜の睡眠時間をどれほど削ったことか。
なのに 私ったらパクパク食べてグビグビ飲んじゃって。
でも私は真性の食いしん坊なので
その味は深くふかく 記憶というより心に刻まれました。



d0169859_16144558.jpg

桜の葉で包まれた真丈と筍のお椀。
蓬麩・生麩 蒟蒻などの田楽に 揚げ物。
そして桜鯛のご飯には 桜大根と共に八朔が。


d0169859_16144872.jpg

ふっくら浅く炊いた餡と苺の下に桜の花の寒天。
花びら餅のようなお菓子もほんのりピンク色。
アクセントに見事な絞りの椿の花びらも。



d0169859_16145238.jpg

そして最後は 組香で楽しませていただきました。

本日は 「桜香」。  


~桜ちる 木の下風は寒からで 空にしられぬ 雪ぞ降りける~
紀貫之

桜が散る木の下を吹いてゆく風は寒くはなくて
天の知らぬ雪が降っている

・・・天の知らぬ雪・・散る桜のこと

ということで 桜 雪 風  三つの香りがお題に。

今日のメンバーといえば 初めて参加のウチの娘を入れて5人。
多分私が一番の経験者。回数だけはね。
毎度毎度おなじみの撃沈そにょ。
何回も体験させていただいているのに
当たったためしがありません。



d0169859_16145595.jpg

大正解だったのは なんとウチの娘!
ビギナーズラックね。(私は第1回目もだめだったけど)
花粉症で鼻が詰まっているくせに。それがかえって良かったのでしょ。
そんなやりとりをしながら 心もお腹もゆったりと
香 満ちました。




d0169859_16145891.jpg



今回も優雅に楽しく遊ばせていただきました。

高邁な茶人であるご亭主さまに
モノを知らない私がミーハー気分でお願いして
お稽古でもなく 席を設えていただくのですが
時々心苦しく思うこともあります。

心優しきご亭主さまは
茶の湯の世界は崇高であるけれど 大きく扉を開いていて
なにびとも拒みはしないと思わせてくださいます。

お調子者の私は この文化を垣間見た気になって
本来なら食べて終わりとなるところを
気持ちまで満たされて
とても良きものを吸収したと心から思うのです。



にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村





     
034.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします 012.gif
     


[PR]
Commented by chaco-o at 2014-04-17 10:24
うぅ、なんと高尚な(汗)私のようなド庶民には厳しい世界だわ(汗)
Commented by sogno_sonyo at 2014-04-17 22:56
※chacoさま
ウフフ。私にもかな~り敷居が高いのですワ。
でも本当に優しい先生なので・・お願いしています。
by sogno_sonyo | 2014-04-15 23:55 | 和に遊ぶ | Comments(2)

すべて世は事も無し。


by そにょ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30