フィレンツェ6~幻のチチアンの髪



d0169859_0294768.jpg

分かれ道の真ん中に立ってます。
こういうの大好きなんです~。





d0169859_02925100.jpg

d0169859_029382.jpg

観光客でいっぱいのヴェッキオ橋を渡ってウフィツィ美術館へ。


ウフィツィ美術館は2度目ですが 前回は団体ツアーだったので
思うように時間がとれなくて お目当ての絵にたどり着けず
実は・・私、泣きが入ったのです・・。
だって 現地ガイドのオバサマがメディチ家についての話を長々として
私達の大切な時間の三分の一位を費やしてしまったのですもの。
どうせ ボッティチェリの春とビーナスの誕生を見れば
気が済むのでしょって そういう感じのご案内でした。
ここへくるために 自分なりの勉強もしたし 
どんなにエネルギーを使ったか わかってはもらえません。


今回は前もってネットでチケットを手配して
最終の入館時間にして ゆっくり時間を取る事ができました。



再びボッティチェリの大作を間近で見るという贅沢な時間を過ごし
前回慌ただしくちらりと見ただけなのに 意外と覚えているものだわと驚いたり
まったく何も見ないで通り過ぎてしまったところもじっくり見てまわりました。


そして 前回のリベンジ。 ティツィアーノ。
どうしてもどうしても見たかった絵があるのです。


<フローラ>

またマニアっくなお話になってしまいますが 
色彩のティツィアーノと呼ばれる彼は またチチアンとも呼ばれ・・

そうです・・ あの <赤毛のアン>。 美しく成長した乙女の時代に 
ある画家に ”チチアンの髪” と評されたことがありました。
ティツィアーノは美しい赤毛の女性を多く描いています。
アンの髪の色は赤毛ではなく 望んだとおりに金褐色になった証明です。


若き日の私は本などで ティツィアーノの作品を調べて
アンの髪の色は この<フローラ>に一番近い! と勝手に決めました。

印刷物やテレビの映像やネットではなく
この眼でその”金褐色” を 絶対見るのだと心に誓っていたのです。




d0169859_0285445.jpg


館内のカフェテラスで一休み。たくさんの作品を見て心地よい疲労が。
間近に見えるドォーモ。ちょうど鐘が響き渡り夕刻を告げています。
涼しい風が吹いてきて帰宅を促しています。




見たかった<フローラ>。

「ティツィアーノの間」をくまなく探し回りましたが 
見つかりませんでした。
どこかへ出張中のようでした。
春にローマでのティツィアーノ展に展示されていたそうなので
そのまま またどこかへ出展されているのでしょう。


でも まぁ・・ 残念ですけど そのかわりに 
ウルビーノのヴィーナスはしっかり鑑賞できたので
それでよしといたしましょう。彼女の髪も金褐色ですもの。


もしかしたら これは3回目の訪問をしなさいという
神様の思し召しかなぁ・・。







d0169859_02819100.jpg

この日の昼食が豪華すぎて それほどお腹が空いてなかったので
夕飯はテイクアウト。生ハムとキノコのパニーニ。 
行列の出来てるお店で2・5ユーロでしたが とても美味しい~。
ビールとともに お部屋でゆっくりいただきました。





にほんブログ村 主婦日記ブログ のんびり主婦へ
にほんブログ村


d0169859_0295813.jpg




     
034.gif サボり癖のある私。
頑張って更新できるようにランキングに参加しています。
よろしかったらクリックお願いします 012.gif
     


[PR]
Commented by 泉谷 淑女は金髪がお好き at 2013-10-22 23:03 x
あのさ~~。長い間の幻想に水をさすようで申し訳ないが・・
ティツィアーノのブロンド(赤褐色かかった暖かな色合いの金髪)で
一番有名なのは、『マグダラのマリア』だよ。

>アンの髪の色は この<フローラ>に一番近い! と勝手に決めました。
>この眼でその”金褐色” を 絶対見るのだと心に誓っていたのです

旅行前になぜフローラが見たいか言ってくれればよかったね。
私は、単に、ティツィアーノ・マニアなのかと思ったんだ。

ティツィアーノのブロンドを確認するのであれば、やはり基本はきっちり
押さえる意味で、次は、ピッティに行きましょう!


やっぱり3度目も来る必要ありということ?!
それとも、染め粉、探して送ってあげようか?
シンちゃん染めて色確認してみたりする?
Commented by sogno_sonyo at 2013-10-22 23:44
※ 泉谷さま
専門的に学んだことはないのでよく知らないの・・これ大前提ね。
”懺悔するマグダラのマリア” のことですよね? 
あれは・・だめ。アンのイメージではないのよ。わかるでしょう?
懺悔するのになんであんなにわざとらしく露出せなならんのじゃ~! 
同じく娼婦がモデルかもしれませんが フローラは可愛いじゃないですか~。
アンも私も乙女だもん。ついでにいうとティツィアーノはエロじじぃだわ。
ウルビーノのビーナスもね・・だめなの。私は裸婦はきらい。
どんなに薄ーくてもいいから布切れがまとわりついていたほうが
ずっと美しくてセクシーだと思ってるのよ ^^ 
ちゃんとした題名を忘れてしまったけど ルーブルでみたサロメも
きれいな髪の色でしたよ。でもやっぱり私の中では<フローラ>なの。
ピッティには確かフローラに似た鏡の前にいる女性の絵があったはず。
やっぱりもう一度行くしかないのかしらねぇ・・。
シンちゃん染めると皮膚炎おこしそうだしねぇ・・。
by sogno_sonyo | 2013-10-21 23:22 | おでかけ | Comments(2)

すべて世は事も無し。


by そにょ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31